秋見つけ

1年生は、生活科の学習で、「東部っ子の森」や「東部っ子公園」に行き、秋見つけをしました。

子供たちの観察カードを見ると、「はっぱがカラフルできれいだった」「いろいろないろがあっておもしろい」と春や夏の様子とは違った秋の様子を感じているようでした。

「さわってみるときもちよかった」「はっぱのにおいがした」など、手や鼻も使って観察する様子も見られました。

休み時間には、トンボやバッタなどの虫を捕まえることにも夢中になっている子供たちです。

これからも、目や手、鼻、心をつかっていろいろなことを感じてほしいと思います。