校外学習に行ってきました

5月21日(月)、4年生は、社会科「くらしを守る」の学習の一環として滑川消防署と滑川警察署に行ってきました。

消防署では、消防車や救急車の中を実際に見せていただいたり、防火衣を着せてもらったりしました。防火衣はとても重たかったのですが、消防士さんは出動のときにわずか1分ほどでこの装備に着替えるそうです。子供たちはとても驚いていました。また、消防車は1台1台が手作りで、現場で使いやすいような工夫がたくさんされていました。毎日すべての車両を細かく点検し出動に備えているというお話を聞き、消防署の方々の思いを感じ取ったのではないでしょうか。

警察署では、警察官の仕事についてお話を聞きました。事故や事件の起こりやすい場所を中心にパトロールをしていることや、事件が起こったり犯人を逮捕したりしたときには、寝ずに仕事をすることなど、警察の方々がくらしを守るために力を尽くしてくださっていることを学びました。終わりには、白バイに乗せてもらったり鑑識車の装備を見せてもらったりして楽しく学習することができました。

見て、聞いて、触れて、くらしを守るために働いている人たちの努力や工夫について理解を深められた充実した時間でした。